[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

  • ビジョン
  • 委員長挨拶
  • 組織概要
  • 活動内容
  • 組合の歴史

委員長挨拶_キリンビール労働組合中央執行委員長の挨拶をご覧いただけます。

これからの労働組合に求められること
キリンビール労働組合 中央執行委員長 山田 俊和

「今、私たちの組織は転換点にたっている」。このような言葉は、多くの場面で目にします。これは、労働組合のみならず、企業やその他の組織においても同じような状況ではないでしょうか。アメリカの経営学者であるバーナードによると、組織は「共通目的」「貢献意欲」「コミュニケーション」の3要素があってはじめ成り立つといわれていますが、私もそのように思います。また、組織は絶えず変化や進化を遂げながら、それぞれの時代の要請を受けて活動し続けるものと考えます。

さて、今の労働組合。私は、労働組合が素晴らしい組織だと思いますが、「これからもずっと労働組合がある」という考えには立っていません。環境変化の中、組織の構成3要素を満たさなくなってしまえば、組織としての体をなさず、存在すら危ういと考えます。

キリンビール・キリングループにおいても、2007年の持ち株会社制の移行や2013年の日本綜合飲料統括会社の設立などを機に、経営体制のみならず会社籍や雇用形態なども変化・多様化し、これらを踏まえ、労働組合も変化しながら今日に至っています。この間、既存の労働組合の組合員の範囲を見直して組織化したり、新たな労働組合組織を結成したりしながら、「働く者の目線や声に基づき行動し、企業や社会、そして一人ひとりの幸せを実現する」体制の整備に着手してきました。

そして、私たちは労働組合であるため、労働条件の維持・向上を掲げることはこれまでも、そしてこれからも変わりません。ただ、私たちの労働条件は企業との雇用関係がベースになっていることを踏まえると、企業の持続的な成長は私たちの雇用・労働条件を安定的かつ充実したものにしていくうえでは欠かせません。企業の置かれた状況に対して健全な危機感を持ち、組合としてすべきことを主体的に考え、組織一丸となって取り組む必要があると考えています。これは必ずしも特別なことではなく、雇用・労働条件の基盤となる企業の中長期的な存続・発展に組合員一人ひとりが関与、貢献するという考えは、「決して近道ではないが、王道を歩むもの」と考えています。

企業の売上、利益、マーケットシェア、株価などは、いわゆる経済的指標であり、各ステークホルダーにとっては、企業の価値を推し測るための重要な指標だと思います。組合としても、これらは重要なものとして考えますが、それと同じ、あるいはそれ以上に大切なのは、働く者のマインドと考えています。たとえば、「自分たちが製造する商品に誇りを持てる」、「自信をもってお客様に提供できる」、「働くことに喜びを感じられる」、「この会社に愛着を感じ、家族や友人からも認められている」などがあると思います。これらはいわば、企業にとって見えざる価値であり、業績の源泉になっていると認識しています。

そして今、私なりに、見えざる価値について考え、働く者の意識に寄り添ってみると、「経営が示すビジョンや方針に共感できるのか」、「リーダーを信頼し、また、リーダーから信頼されているのか」、「ともに働く仲間と支え合う、連帯の精神がいきているのか」がポイントだと考えています。ひとまとめにすると、「共感・信頼・連帯」です。

今の職場・組織には、「共感・信頼・連帯」が十分あるのか、職場の総点検が必要と考えます。これらは、定量化したり、可視化したりすることが難しいものです。だからこそ、アナログコミュニケーションの代表選手である労働組合が、職場に根を張り、率直な対話を推進しなければならないと感じています。

また、未来志向で積極的にチャレンジすることを是としていますが、それと同時に、歴史を踏まえる必要性をも強く認識しています。人から教わった言葉ですが、「過去を知らないと現在起きていることの意味が分からない。現在起きていることの意味が分からないと、将来が見通せない。結果、今だけ良ければ良い、自分さえよければ良い、こういった偏狭な考え方に陥ってしまう。」というものがあります。私はこの言葉の意味を重く受け止めています。

労働組合の活動や運動は、いわば、「ゴールのない駅伝」。様々な想いをもってここまでつないできた襷を受け取った者として、少しでも良い状態で次世代に渡せるよう、日々、汗を流しています。

労働組合の基本は、「ひとりでは解決できないことを、みんなで力を合せることにより、解決すること」。たとえ困難があったとしても、すぐに状況が変わらなかったとしても、想いを大切に、一つずつ前に進んでいきたいと思います。昨日より今日。今日より明日。明日より明後日。

「ともに笑顔ある未来へ」に向けて、精一杯取り組みます!

キリンビール労働組合
中央執行委員長
山田 俊和
  • トップページへ戻る
  • このページの先頭へ戻る
  • ご利用規約・環境
  • お問い合わせ(メールソフトが起動します)